So-net無料ブログ作成
検索選択

僕らが毎日やっている最強の読み方 池上彰、佐藤優 [ノンフィクション]

文芸評論家の故小林秀雄氏は若いころから胃が悪かった。医者に「たばこをやめれば治る」と言われて禁煙を決心し、病院のテーブルにたばことライターを置いたまま出た。ちなみに、そのたばこを手にした医者が「忘れ物だ」と追いかけて来たそうだが。禁煙のイライラから文筆活動に支障が出ないようになるまでに4カ月かかったと、本人が講演で語っている。頑固な批評家の意志の強さを感じるエピソードだ。

意志の強さでは、この人も匹敵するかもしれない。作家で元外交官の佐藤優氏だ。本書は本や新聞などから日々どうやって情報収集しているか、ジャーナリスト池上彰さんとの対談を通じて読者に披露してくれる。

その中で目を引いたのは、読書などインプットの時間として1日4時間確保するために、酒をやめたというくだりだ。50歳を過ぎてから人生の持ち時間を考えるようになった。酒を飲んだら酔いがさめるまで読書や仕事ができず、それがもったいないと。「酒を飲むのは人生の無駄だ」とまで言い切る。池上さんももともと下戸で、酒をあまりたしなまないから、夜の仕事ははかどるのだそうだ。

読書ブログをつづるほどの本好きでも、好きの度合いでは酒の方が上回る筆者である。多い月には500冊読みこなすという佐藤さんの主張はなるほど、そういう「犠牲」を払ってのことなのかと、敬意を表するしだいだ。真似をして1日禁酒して読書したら、ページの進み具合が著しかった。だが、翌日にはあっさりと酒の誘惑に負け、本を枕にうたたねしてしまった。

何事も意志の強さと、何かをなしえるには大きな犠牲と引き換えにする覚悟がいるのだと痛感した。

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る