So-net無料ブログ作成
検索選択

天災から日本史を読みなおす 磯田道史 [ノンフィクション]

「天災は忘れたころにやってくる」は、夏目漱石の弟子で物理学者の寺田寅彦の言葉がもとだとされる。ただ、この言葉は彼の著書には出てこない。随筆集「天災と国防」の中の表記にそのもととなる表現があり、それが言いやすいキャッチフレーズに変えられて流布されるようになった。

忘れたころの備えとして、地震や津波、火山噴火といった天災に関する歴史資料をひもとき、教訓を引き出そうとするのが、本書だ。天災の中で、人々がいかに行動し、考えたかを古文書の記述から丁寧に追いかけていく。著者は「武士の家計簿」などで知られた歴史家だから、エピソードも満載だ。

例えば16世紀に日本中部で起きた天正地震。豊臣秀吉は徳川家康成敗の戦争準備を進めていた。秀吉側10万の軍勢に家康の兵力は4万強。勝敗は決したかに見えたが、ちょうどその時に天正地震が発生。秀吉は一夜にして前線基地を失った。あの地震がなければ、徳川の息の根は止まり、歴史の流れは大きく変わっていたという。

富士山は1707年の宝永地震から大規模な噴火はない。この時は関東地域まで灰が降ったが、人々は富士山が爆発したことは知らない。余震が続く中で日中でも暗くなるほどの降灰に戸惑う様子が描かれている。

歴史地震研究会に著者は参加する。理系の地震学者と文系の歴史学者が、ともに過去の地震を研究するユニークな学会である。今後予想される東海・東南海・南海地震に備え、科学と歴史双方の見地から教訓を引き出すことは非常に意義が大きいだろう。



天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災 (中公新書)

天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災 (中公新書)

  • 作者: 磯田 道史
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る