So-net無料ブログ作成
検索選択

日本奥地紀行 イザベラ・バード [文学]

日本の鎖国が解かれた明治期は、西洋から大勢の外国人が訪れ、東洋の端の国を「発見」していった時期である。米国出版社通信員として来日したギリシャ生まれのラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は、青暖簾が下がる店や青い着物を着て微笑む日本人を見て「神秘的な青い国」だと評した。最近、注目を浴びているのは、英国人女性旅行家イザベラ・バードだろう。漫画誌に連載されている「ふしぎの国のバード」(佐々大河、ビームコミックス)の主人公だ。青い目が見た未開の日本が生き生きと描かれている。

本書は今から140年前の1878年、横浜から蝦夷(北海道)まで、日本人すらも踏み入ったことのない奥地への旅を敢行したバードの4カ月間の旅の記録である。彼女の目的は、滅びゆく日本古来の生活を記録に残すことだ。文明開化に湧く日本は急速な欧米化を進めている。物質文明が浸透し、生活様式や考え方も変わっていく。

旅は当時のメーンルートだった奥州街道を避け、日光から日本海回りでアイヌの住む北海道を目指す。お供は通訳兼従者の伊藤鶴吉1人だけ。貧弱な馬と悪路に難儀し、外国人を見るのは初めてという村人の好奇心に閉口し、さらには奥地の不衛生な生活から生じる蚤の大群や悪臭、皮膚病にかかった大勢の村人に悩まされる。食料の調達にも事欠く日々が続く。もちろん、それらを忘れさせるほどの美しい日本の風景が彼女を楽しませ。

文明開化前の農村と生活様式に飽くなき好奇心を示し、忍耐強く綴った日記は、現代人では考えられない日本の光景を伝えてくれる。その視線に典型的な欧米人の偏見のようなものは感じられない。実際、通訳の伊藤がアイヌ人を「彼らは犬以下だ」という発言を厳しくたしなめる。眼病を患う村民に惜しげもなく薬を与える。世界各国を冒険し、民族の多様性を目の当たりにした彼女ならではの考え方だろう。

140年たった今、彼女が見たり体験したりしたものは、いくらかの自然しか残っていない。日本は跡形もなく西洋化され、都市化された。


日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)

日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)

  • 作者: イザベラ バード
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: 文庫



ふしぎの国のバード 1巻 (ビームコミックス)

ふしぎの国のバード 1巻 (ビームコミックス)

  • 作者: 佐々 大河
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る