So-net無料ブログ作成

検索禁止 長江俊和 [新書]

検索禁止.jpg

少し日にちが過ぎてしまったが、4月24日はミステリー小説ファンにとって特別な日だ。推理作家の横溝正史が名探偵・金田一耕助を生み出した日である。終戦直後の1946年、疎開先の現岡山県倉敷市真備町岡田で執筆した雑誌連載「本陣殺人事件」で初登場する。この年4月24日の横溝の日記に「新しい登場人物に加えた」と記されている。

もともと横溝正史は神戸市で生まれた。両親はともに今の倉敷市の良家の育ちでともに配偶者がいた身だが、旧家同士がいがみ合う中、駆け落ちして郷里を離れた。正史は腹違いの兄弟たちと生活をともにする。まさに横溝ワールドの世界そのものである。

筆者はミステリーの金字塔「リング」や「東海道四谷怪談」「エクソシスト」など古今東西のフィクション作品の裏側にひそむ史実をていねいに取材し、解き明かす。そのフィールドは映画・小説・音楽だけでなく、都市伝説やネットの世界まで広がっていく。そして表題の「検索禁止」のタイトルが示す禁忌の物語が浮かび上がっていくのだ。

「人はなぜ、禁止されたものに惹かれてしまうのだろうか」と著者は問いかける。禁止されているということは、願いがかなわないという事態である。その禁じられた欲求に希少性が生まれ、特別な「価値」が発生する。禁止されて制限されたことをどうしても実行したくなる。これを心理学用語で「心理的リアクタンス」と呼ぶそうだ。

検索ワードに導かれるように、次々と忌まわしい現実がひもとかれる。時に思わず本を閉じたくなる陰惨なストーリーに目を背けそうになった。読むんじゃなかった。そう思いながらもページをめくり続けてしまう。それこそが心理的リアクタンスなのだろう。


検索禁止 (新潮新書)

検索禁止 (新潮新書)

  • 作者: 長江 俊和
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/04/14
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る