So-net無料ブログ作成
検索選択

何者 浅井リョウ [文学]

もうじき6月。大学生らの就職活動が解禁になる。今年も学生が優位な超売り手市場だといい、既に内々定を出して事実上の採用活動を終えた企業も少なくないという。ここ数年、採用試験の面接官をしていると、学生時代に読んで印象に残った本に本書を挙げる若者が多い。就職活動をテーマにした内容に共感するのだろう。

ツイッターやフェイスブック、ウェブテスト…。現代の就活ツールを駆使して企業とつながり、ネットで悩みを打ち明け合う。はるか昔に就活生だった身には隔世の感がある。内定をもらえずにいる主人公は、ルームメートら就活仲間や演劇やアートなどわが道を行く仲間を冷やかに観察し続ける。広い人脈や海外渡航体験を自慢したり、前向きさを強調したり、自分を大きく見せようとする態度にへきえきとする。その気持ちが本書で重要な役割を果たすツイッターの140字以内の短文に打ち出される。

だが、時代が変わっても自分の人生を左右する就職活動を通じ、自分探しをする若者の姿は変わらない。果たして自分は「何者」なのか。広い社会の海原にこぎだし、成長と挫折を初めて味わう感情は、かつての就活生だったわれわれにも共感できるところが多い。

著者は戦後最年少の23歳の時、本作で直木賞を受賞した。就職活動の経験を題材にしたという。昨年(2016年)の秋に映画化され、今月DVDが発売になった。レンタルで見たが、あらすじは原作と同じ。映像の中のツイッター画面の見せ方は工夫を凝らしていた。続編にあたる「何様」も昨夏出版されている。就活の季節、手に取ってみようか。



何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

  • 作者: 朝井 リョウ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る