So-net無料ブログ作成
検索選択

バーナード嬢曰く。 施川ユウキ [漫画]

なぜ人は書評を書くのか。日曜日の新聞中面に寄稿する作家・学者先生だけでなく、ネット上にも読書ブログが氾濫している。そういう当ブログも例外ではない。読了後に内容を忘れないよう整理するためか。感銘を受けた1冊を他人に紹介したいからか。それとも、「私ってこんなに読書家」とアピールしたいからか―。読書をテーマにした異色の漫画である本書に目を通していると、そんなことをぼんやりと考えた。

主人公は「読書家に憧れるけれど本を読まない」女子高生の町田さわ子。通称「バーナード嬢」。アイルランドの文学者・バーナード・ショーが由来だ。彼女の周りには、SFマニアで解説役の黒髪少女・神林さん、旬を過ぎたヒット作を愛するつっこみ役のイケメン遠藤君、シャーロキアン女子の長谷川さん。放課後の図書館で繰り広げられる本談義のやり取りが何とも面白い。

秀逸なのは、本への愛があふれすぎてマシンガントークが止まらない神林さんの長セリフだ。本の内容だけでなく、SF小説の邦題が改訂に合わせて変わることがあること、ハヤカワの文庫本が他社のものより一回り大きいので書店のブックカバーに入らないことなど、うんちくが次々と披露される。

一方、理由をつけては名作の読破を避けようとする町田さん。村上春樹さえ一冊も呼んでいない。そこで村上の翻訳本をちょっと読みして「あくまで文体が好きなんだよね的ポジション」で「現代アメリカ文学のこともわかった気になれそう」という「村上春樹との距離感」を提案する。毎回、手の抜き方が全然省力化になっていないのが笑いを誘う。

そんな対照的な2人が最初は喧嘩を繰り返すのだが、本を通じて心を通わせていく。本以外に人とつながることが不得手な神林さんが、余計なことを言って反省したり、町田さんから尊敬されて照れたりするしぐさが何ともかわいい。

著者もかなりの読書通なのだろう。SFだけでなく、「銃・病原菌・鉄」「船を編む」「フェルマーの最終定理」などと、古今東西の名著が登場する。登場した本の一覧や書きおろしのコラムも充実。読書ガイドとしても置いておきたい作品だ。


バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

  • 作者: 施川 ユウキ
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: コミック



バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)

バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)

  • 作者: 施川ユウキ
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2015/07/27
  • メディア: コミック



バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)

  • 作者: 施川ユウキ
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2016/10/27
  • メディア: コミック



メッセージを送る